キヨノの気まぐれ日記


by RK008

<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

発表します。

発表します。

まず、7月半ばより1ヶ月間、
都内港区某所に出現する期間限定カフェに
Cafe Eightのスペシャルランチボックスが
登場します。詳細はまたこちらにて。

そしてそして。
こちらにも発表しちゃいましたが
来る9月後半に、カフェエイトの本が出ることになりました。
(拍手プリーズ)

出版はリトルモアより。
ちょっと小さめの手帳のような、
料理本らしからぬ料理本になる予定です。

只今先鋭揃いで好調?制作進行中。
先日参加させていただいたGreen Room Festivalの
まかない風景なども載る予定です。
もちろんレシピも満載です(ご要望多かったので)。

世の中には色々な理由や動機で
ベジタリアンやヴィーガンの考えを持つ人が
いますけど、この本ではCafe Eightなりの
VEGAN FOODに関する考え方なども
書かせていただく予定です。
(堅く聞えるかもしれませんが、
多分そんなことはないと思います;笑)

と、いうわけでこちらのプロセスも
適当にご紹介させていただきまーす。

あ、大事な発表が抜けていました。

只今、Online Cafe Eightでは
好評「お中元特集」開催中。
詳しくは左のメニューにあるリンクをクリック!

以上カフェエイトからの発表でした。
by rk008 | 2006-06-29 01:37 | Cafe Eight関連

らっきょを漬けてみた。

先日、人生初の人間ドックを体験しましたが
その直後、今度は生まれて初めて
らっきょうを漬けてみました(笑)。

実はラッキョ、つい数年前まで苦手で
ずーーっと食べずに生きてきた私。
あるラッキョとの出会いをきっかけに
大好きになってしまったのでした。
そして、ラッキョを食し始めて
約3年目にして、マイラッキョに挑戦!というわけ。

そのきっかけとは、沖縄へ行ったときにいただいた
沖縄名産の「島らっきょ」でした。
「島らっきょ」を軽く塩漬けしたものと、
てんぷらにして粗塩を付けて食べるものと
2種類の「島らっきょ」を
いただいたのですが、そのとき初めて
自分がラッキョ嫌いなのではなく、
「甘酢につけたラッキョの味」が嫌いだった
ということに気がついたのです。
これ、結構同感だと思う人多いはず。

というわけで、現在家の冷蔵庫では
塩漬けしたあとに改めてお酢(のみ)に漬けた
「ラッキョの酢漬け」とお醤油を昆布だしで
割ったものに漬けた「ラッキョの醤油漬け」が
熟成(?)中。
梅雨明けと同時に飲みたくなる、
今年のビールのおトモは、
マイラッキョに決定です。
どうか美味しくできますように(祈)。
by rk008 | 2006-06-26 23:55 | ただの日記
久しぶりに休みをいただいたので
張り切ってサーフィンに出かけました。

が、海はまるで湖のようでした。
.........。

でも、水があまりに綺麗だったので
諦めきれず、海に入ることにしました。

曇っていた空も晴れて来て
水の冷たさも心地よいほど。
あとは波があれば最高!と思い
板にまたがって浮いていると....
(しかも珍しくショートボード)

『海鷂魚が泳いでる!』
?? 海鷂魚ってエイのこと??
その声の方向を見れば、確かに
何かが海の底を動いている.....

「えーーっ(←ダジャレ。お約束ですから)。
ほんとにエイだ!」
私は野生の海鷂魚を見るのが始めてだったので
めずらしくて思わず追いかけました。
ゆるゆると数メートル下方を泳ぐエイの
真上ポジションを、置いていかれないよう、
エイが右へ行けば私も右へパドルし、
エイがくるっと方向転換すれば私も.....
としばらく、エイを真上から観察しました。

端からみたら、かなりおかしな動きだったに
違いありません。でも、妙にドキドキして
やめられなかった(笑)。

海鷂魚はかなり私がウザかったようで
ついに振り切られしまい、またポツンと
海に浮くことに。

少し沖の海面が何やらざわざわしています。
魚群です。小さめの魚がたくさん
跳ねて、銀色の腹がきらきら光っています。
「うわー、すごいわ」(←独り言が多いんです)
海の中はきっとディープブルーの世界やね、
とにやにやして見ていたら、突然
向こうから黒いかたまりが猛スピードで
近付いてきました。
「!!なにっ!?」(←びっくりしてほぼ硬直)
と思いきや、その魚群のかたまりが
恐ろしい勢いで私の足の下を
通過しています。「わわわっ!すごいっ!」
鰯らしきその魚群に追突されるのでは?と
思わず足を引っ込めました。

沖から岸に向かって猛スピードで
駆け抜けていった魚群は.....
思った通り、また戻って来ました。
(だって岸じゃあねぇ。)
「うわーっ!また来た!」

いや、もう感動しました。
素敵な体験でした。生ディープブルーです。

やっぱり海は綺麗にしておかないといけません。
そう思いました。

追記:今回は
ecocoloブログにも
海の話を書きました。
海関係のサイトも紹介しているので
みてみてください。
by rk008 | 2006-06-15 16:44

デマエイト登場です。

すごく遅くなりましたが以前お約束した
Cafe Eightの出前サービス「デマエイト」
専用車デマエイト号の写真、
Cafe Eight-Aobadai-のブログに掲載しました。
かわいいヤツなんで見てみてやってください。

突然ですが、先週イベント明けの月曜日
つまりちょうど一週間前、
人生初の人間ドックへ行ってきました。

人間ドックは以前から周りの知人に「行っといた方がいいよ」
とずっと言われていたのに、あることが
とても不安で言い訳しながら先延ばしにしていた。

それでついに、初めて体験してきたというわけ。
その「とても不安」に思っていたことも。

それは何かというと、胃のレントゲン。
もっと正確に言うと、「バリウムを飲むこと」です。
私はコドモのときから牛乳が大っ嫌いで、
小学校のときは、毎日の昼食に出てくる牛乳と
日々どうやって戦い抜くかばかりを
朝から考えていたほど。

いつしか、そのトラウマが手伝って
「白い色の飲み物」がすべて苦手になっていました。
カルピス、バニラシェーク、飲むヨーグルト、
そして豆乳。
ただし豆乳は調理すれば大丈夫。
とにかく白いままグラスに入っている液体が
嫌なのです。

そしてその不安と直面するときがやってきました。
レントゲンの撮影台にのって
Dr:マイクの指示どおりに目の前のバリウムを飲んでください」
私: ......
Dr:聞えましたか? じゃあ始めますよ。
    はい、まず一口のむ。
私: (恐る恐る)ゴックン....うわぁっまず(←声に発している)...
Dr:はい、ではもう一口。
私: ..............ゴックン....うぇっ......
Dr:はい、では残りのバリウムを全部
     止まらずに飲んで。ごくごくごくーっと。
私:!!!ごくごくって.......飲めない.....
Dr:どうしましたか?さぁ飲んでください
私:ゴクン、ゴクン(涙)、ゴク.......
Dr:全部のみましたかぁ?
私:(首を横に振る)
Dr:全部のんじゃってください。
私:..すみません...飲めません.....
Dr:もうちょっとくらい飲めるでしょう。
私:もう気分が悪いんです...
Dr:あと一口くらい飲めるでしょ?
私:.....ゴクっ....うっ、きもちわる....

さて、そのあとの「発泡剤」が
これまた大変。
普段から顆粒の薬をのむとき
なぜかうまく流しこめない私は
毎度ニガグスリをあとから口にふくんだお水で
ていねいに溶かして「ニガーイ」といいながら飲む。

このバリウムのあとに飲まされる「発泡剤」、
その顆粒を口に入れたあとに
流し込むためのお水と交わった瞬間から
すごい勢いで発砲する。
そんなこと知らずに、いつもの要領で
発泡剤を口のなかで発砲させてしまった私は
口の中が空気で膨らんできて
飲み込むに飲み込めない。
本気で焦って無理無理飲み込んだ。

みんながこんなことを体験していたと知って
心底びっくりした。
私はあの屈辱的な小学校の昼食時を
すっかり思い出してしまって
二度とごめんと思った。
なんだか「大人になった証の儀式」であるはずなのに
自分だけ小学生に引き戻されていた感があって
なんとも不思議で複雑な気分になった。

今こうやっていても
バリウムを飲むことを想像するだけで
胃が痛くなるし具合が悪くなる。

これはどうやら子供のころから
ちっとも成長してないって証拠ですね。
しょうがないな、こればっかりは。
by rk008 | 2006-06-06 00:25 | ただの日記