キヨノの気まぐれ日記


by RK008

<   2005年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ここ3日〜4日は、友人Aちゃんの御両親が送ってくれた
自家製無農薬野菜のおかげで充実してます。
なんというか、冬野菜って見ているだけで
幸せな気分になりますね。
大根のあのカタチとか
葉っぱの方からのグラデーション、
コロンコロンした里芋のカタチ.....などなど、
見ているのが好き。もちろん食べたら尚良し。
サイコ−です。

先日書いた「具沢山味噌汁」ですけど
作り方を書こうと思ったら、具沢山なだけに
ながーくなってしまうのでコツだけ。
(あくまで私流)

まずダシですけど、私の場合は昆布だけ使用します。
調理の一番最初に、ダシ汁用の鍋を用意して水を張り
ダシ昆布を刃がギザギザしたナイフで2cmくらいづつに
ぶちぶち切りながら水に落としていきます。
それをつけている間に具を切ります。(適当に)
昆布を細かく切って入れることで、よりダシが
出やすくなるし、柔らかくなりやすいので
そのまま具といっしょに食べられちゃいます。
あと.....あまり下ごしらえはしませんが
こんにゃくだけはしっかり下茹でしてお湯をこぼします。

ダシが出やすいもの、火がとおりにくいものから切り、
ごま油でしっかり炒めていきます。
例えば、牛蒡を切って炒めている間に
人参を切って、人参を炒めている間に
しいたけを切って...といった具合です。
特に牛蒡とれんこんは良く炒めると良い味が出ます。

具を半分くらい炒めたら出し汁を弱火で温め出します。
.....で、相変わらず具を切っては加え炒め、
また切っては....と全ての具材に油だよくまわったら
だいたい出し汁もいい感じになっているはずなので
それを加えて弱火で煮ます。

あとは最後に味噌を入れるだけなのですが
その間にちょっとコツがあるのです。
よりコクを出すため&じっくり煮た味を出すため
途中で何回かにわけて、お醤油を
スプーン一杯ずつ加えていくのです。

例えば、出し汁を加えたときに一杯、
そして5分置きに一杯ずつ...(もちろん全体の量にもよる)。
私の場合、だいたい7人前〜8人前を(もっとかな?)
一気につくるので、全体に対して途中で加えるお醤油は
スプーン(大さじ)で4〜5杯ほど。
加減は数をこなして覚えてください(笑)。

あ、あと具材をいためるときにショウガを
みじん切りにして加えてもいいですよ。
これもまた何度かにわけて入れると良いです。

んー。
いい加減すぎてあまり参考にならないですね、これ。
とにかく、何度もつくって色々な野菜の
性格を良く知ること。これにつきますね(笑)。
by rk008 | 2005-11-28 20:04 | ただの日記

パンクな夜。

今日は日曜出勤の帰りに、都内某所で行われた
某アーティストのライブを観に行ってきました。

「観た方がいいよ」とすすめてくれたのは
東京エールの営業担当をしているKくん。
会場も近所だし....と夕飯を食べたあと、
何も考えずに会場入りすると、ちょうど
目当てのアーティストのライブが始まるところでした。

で、結果は...というと....
パンクだったー!! 自分が中学生のときに
おっかなびっくり行った「アナーキー」というパンクバンドの
ライブを観たときに感じた、あの独特の印象が
フラッシュバックしました。

最近、20代前半の人たちに「好きな音楽は?」と聞くと
「癒し系とか気持ちがゆったりする音楽系ですかねー」
という答えが多くて、10代20代の頃
さんざん激しい音楽を聴きまくったり
節操なくいろいろな音楽を渡り歩いてきた私としては
少々物足りない答えだなぁ...なんて思ったりしていましたけど
今晩会場に来ていた人たちは、きっとみんな若かったと思う。
で、それをみて、少し懐かしい気がしちゃいました。

そのアーティストのパフォーマンスは、あまりにストレートで
ストロング!そして衝撃的。癒し系とは真逆ワールド。
みんな、つらいことやいやなことを直視しないで
癒しにばっかり逃げているようだから、
こういうアーティストにも触れてみたら
いいんじゃないかと思いました。

参考までにこことか、ここに少しだけ情報が載っています。
これを音楽ととらえるか、
コンテンポラリーアートととらえるかは人それぞれ。
面白い人がいるもんだなぁ。
by rk008 | 2005-11-28 01:22 | ただの日記
突然ですけど、ホームパーティーや宴会など(←いっしょか)
人前でワインをかっこよく開けられたらなぁ...なんて
思ったことはありませんか?
大皿に盛り付けられたサラダを、片手でカッコ良く
サーブできたらいいなぁ...なんて思ったりしませんか?
---コツはないのかしら??という、私の素朴な疑問に応じて
Cafe Eightスタッフが素敵なセミナーを(PURE CAFEにて)
開催してくれることになりました。

*******************************************
Christmas Styling 講座@PURE CAFE
〜特別な日に・特別な演出で・大切な方のために〜
*******************************************
日時:2005年11月29日(火)/19:30〜21:00
料金:¥5,500ー(ワイン、お料理代込み) 
   ※先着10名様

PURE CAFEで一足早いクリスマスディナーを
お召し上がり頂きながら行うスタイリングセミナー。
お金をかけなくてもプロ仕様の”お料理とおもてなし”が
簡単にできちゃう"技"をお教え致します。

--おもてなし/サービスのコツ--
 ・お皿の持ち方のポイント
 ・ワインのもてなし方(置き方、抜栓、グラスの注ぎ方)
 ・サーバーの持ち方
 ・トレイの持ち方、魅せ方  …etc
--メニュー/お料理の見せ方のコツ--
 ・プロ仕様のソースをかけるバリエーションとコツ
 ・盛りつけ方,魅せ方のポイント  …etc

■Dinner Menu■
Organic Wine, Soup&Bread, Salad
Vegetable Lasagna, Backed Apple
****************************************
お申し込み、お問合せはinfo@cafeeight.com
またはPURE CAFE店頭(www.pure-cafe.com)まで。
****************************************
※空席の残りも少なくなってきました。
お早めにお申し込みください!
by rk008 | 2005-11-25 19:37 | イベント情報
もう"その4"だったか"その5"だったかよくわかりません。
とにかく、コドモ時代、前に書いた「切手収集」がきっかけで
おかしな収集癖に火がついたという話です。

切手用アルバム(切手帳っていってたかな?)は
ページごとに切手をはさむ「帯」のようなものが
3段くらいついている感じだったと思います。
そこに入手した切手を丁寧に並べて行き、
たまってくるとジャンル分けしたり注釈を書き込んだり.....
となるはずだったのですが、どういうわけか私は
そんな切手をどう並べるかより、知らず知らずのうちに
「ページとページの間にはさまれている薄い紙」に
魅了されるようになってしまったのでした。
未だに訳がわかりませんが、とにかく、
その少し向こうが透けて見えて、ちょっとシャリシャリしている
その紙が気になって気になって仕方がないわけです。
せっかく集めてきた貴重な?切手が折れていても全然
気にならないのに、この薄紙がちょっと折れちゃったりすると
それはもうがっかりしたものです。

そしていつしか、この薄紙のように
同じ魅力を持つものに
どんどん惹かれていくようになりました。
それは何かというと......半紙。
お習字のときに使う、あの「半紙」です。
ちなみに子供時代、学校の授業でやる意外
私はお習字などやっていませんでした。
興味もなかった。
なのに!あの半紙のトリコになってしまったのでした。
たぶん小学校の1〜3年生くらいまでだと思います。

親に100円とか200円とか、お小遣いをもらうと、
それを握ってお習字やさん(文具店のちょっといいところ)に
走るわけです。それではじめの頃は、
1枚20〜30円の半紙を買っては
喜んでいたのですが(もちろんバラ買い)そのうち
1枚100〜200円、しまいには
1枚で1000円ほどするものに手を出すように。
念のため.....これらの半紙はあくまで
「観賞用」であってお習字などには使用しません。
あとからあとから「半紙」ばかりを買ってくる娘をみて
きっと親が与えてくれたのだと思うのですが、
なぜか私は「半紙専用の棚」を持っていました。
昔からあるグレーの、鉄製の書類棚ってやつです。
5段くらい引き出しがあったかな?
そこに(自分なりに)種類分けした半紙を丁寧に
コレクションし、ときどきそこから、
お気に入りの半紙を人さし指と親指でそっと引っ張り出して
顔の前にぶらさげて、光に透かし
「観賞」して楽しんでいました。
どういう基準がわかりませんが、娘を喜ばせようと
親が買ってきた和紙には全然興味が示さないのです。
4辺がちゃんとカットされていない和紙は
わたしにとっては不合格だったのでした。

まったくもって意味不明です。
いったい半紙の何がそこまで私を魅了していたのか。
親はさぞかし気味が悪かっただろうと思います。
紙をとっかえひっかえ目の前にかざしては、
ニヤニヤしている私。
書道もやっていないのに、書道コーナーで
観たことのない半紙を発見し、
目を輝かせている私。(<ハンターの目)

いつの日か、それらのコレクションには
目もくれなくなり、大人になるまで忘れていましたが
きっと今もその半紙たちは実家のどこかに
あるんじゃないかと思います。

今度実家に帰ったときは、その半紙を探して
コドモのときにやっていたように光にかざしてみようと思います。
そうしたら、何かがわかるかも。半紙のいったい何が
そんなに魅力的だったのか.... とか。
まぁ結構今の職業にも通じるものがなくはないなぁとも思いますけど....。
by rk008 | 2005-11-23 00:25 | ただの日記
週末、東雲にお越しいただきましたみなさま、
ありがとうございました。
気温は低かったですけど、カラっと晴れて
気持が良かったですね。
私も調子にのってワイン、飲んでしまいました。

この1週間で急激に「冬」になりました。
私は灯油ストーブを倉庫から出し損ねていて
夜な夜な寒い思いをしている今日この頃....

以前ここで書いた「冷蔵庫の常備品」も
すっかり冬仕様になりました。
冬は冬で、冷蔵庫に常駐している食べ物たちは
お約束のものばかり。どんな顔ぶれかというと....

・納豆(←これは通年)
・すりごま(←これも通年)
・岩海苔(←これも通年)
......ここからが特に冬仕様..かな。
・こんにゃく
・れんこん
・しいたけ(その他キノコ類)
・ねぎ
・かぼちゃ
・にんじん
・大根
・しょうが
・玄米もち
・豆腐(または油揚げ)
・味噌(赤系・白系など常時3種ほど)

あとは前回も書いた「いい醤油」と「いいごま油」と
「だし昆布」....などなど。相変わらず冷凍庫には
クスクスやナッツなどが入っておりますが、
やっぱり大きく様変わりするのは「野菜」たちですね。
夏場しょっちゅう冷蔵庫に居た、トマトやきゅうりなどは
すっかり姿を消し「根菜天国」となっています。
本来「根菜」たちは、カゼをひいちゃうので
冷蔵庫には入れずに保存するものなのですが
(新聞紙などでくるんでね)横着ものの私は
とりあえずすべて冷蔵庫に投げ入れてしまいます。
あ、さすがに丸ごと買ったかぼちゃは
冷蔵庫には入れませんが。

それと味噌を3種も用意している理由は....
寒くなると私は、とにかく具沢山味噌汁ばかりつくるので
変化を楽しめるよう、味の異なった味噌を常備しておくわけです。

これね、忙しい人にはお薦めです。
ちょっと多めに具沢山のお味噌汁をつくっておけば
帰りが遅くなっても大丈夫。お味噌汁をあたためている間に
玄米餅をトースターで焼き、ドンブリ(汁腕だとあふれちゃうしね)
に豪快によそって食べるだけ。3日間同じ味噌汁を
食べることもあります(笑)。そのときは
食べるときにちょっとごま油をたらしたり、ネギを多めに
トッピングしたり、おろし生姜をトッピングしたりして
変化をつければ、単純な私にはもう充分。

味噌汁の作り方??は、長くなるのでまたそのうち。
これを食べておけばカゼ知らず。
本当は灯油ストーブのうえに
味噌汁の鍋を乗せて温めるのが
私にとっては「王道」なんですけどねー。
早く出さなきゃ、ストーブ....
by rk008 | 2005-11-21 12:39 | ただの日記
今週末の19(土),20(日)は恒例の
移動カフェ@東雲キャナルコート開催しまーす。
今月は待望のボジョレー解禁!ということで
テーマはずばりワイン。
色々なワインをお楽しみいただける他、ワインを使用した
お料理色々、お菓子いろいろ、パンもいろいろご用意しております。
時間は11:30〜20:00。
詳しい場所などは
http://www.bytrico.com
の中のmYwaY shopの地図をご参照ください。

20日にはキャナルコート内でフリーマーケットが開催されます。
いわゆるフリマではあり得ないような豪華!掘り出し物が
満載のようですよー。以下に出品予定商品が掲載されてます。
http://fmcs.exblog.jp/
フリマを覗きがてら移動カフェエイトにも
遊びにいらしてくださいねー。

ワインだワインだー!
by rk008 | 2005-11-16 20:10 | イベント情報
ほぼ1週間日記をさぼりました。
忙しすぎました。

先日こちらで書いた友人の結婚パーティーへ
カフェエイト総出で出張してきました。
パーティー自体のオーガナイズも含めて。
かつてカフェエイトのライブイベントでやっていたとき以来の
MC=司会進行でしたけど、どうやらお酒の入り方も
ちょうど良かったようで、なんとか無事に終えることが。

新郎の提案もあり、新婦には内緒でご両親にも
来ていただいたのですが、新婦からは見えないところで
事前に書いてきていただいた”お手紙”を
お母さまが読み上げたときは
さすがに「ジーン」としてしまって
そのあとの司会の声が震えそうになりました。

忙しかったけど、色々な感動がたくさんで
良いパーティーでした。
遠いところ来てくれたみなさん、ライブにかけつけてくれた
アーティスト&DJのみなさんありがとう。

そして、超早朝出勤をして頑張ってくれた
カフェエイトのみんな、ほんとにおつかれさんでした!
by rk008 | 2005-11-13 23:19 | ただの日記

おごそかな京都。

最近忙しさにかまけてサボっていたブログ再開です。

昨日はCafe Eightの立ち上げにも大きく関わってくれた
友人Aちゃんの結婚式に参列するため、雨の京都へ。
歴史ある神社の中、国宝指定されている建物での
おごそかな式。
やっぱり日本ってステキーーーーーっ!
と思いました。
近頃はすっかり西洋式の結婚式が主流ですけど
やはり日本人は「白無垢」ですな。
大袈裟なお色直しなどしなくとも、これだと
綿帽子>結い髪>角隠し..と
3パターンで感動を呼ぶことができます。
ふだんしょうもない話ばかりしている友人が
白無垢を着て御両親といっしょに控え室に座っている
様子をみると、嬉しい驚きとともに深く感動してしまいます。
いやー、良かった。

挙式のあともいろいろあって、濃厚な一日でしたが
とにかく幸せな空気に触れているというのは
いいものです。

この式に比べたらあくまで「おまけ」となりますが
その後、披露宴会場となった「一久」の精進料理、
それはそれは美味しくてこちらにも大感動!!でした。

お2人とも、お幸せにーっ!
週末のパーティーは、カフェエイト総出で盛り上げますよっ!


c0015619_19111642.jpg
by rk008 | 2005-11-07 19:15 | ただの日記