キヨノの気まぐれ日記


by RK008

<   2005年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

はい。コドモ時代の変なクセシリーズ(?)第4弾です。
ただし、これはたまたま「変」になってしまっただけの話。

表題にあるとおり、私は小学校に入学すると同時に
なぜか「切手収集」という
渋い趣味を持つことになりました。

きっかけは祖父。
私が産まれるずっと前に他界していた祖父の
貴重な切手コレクションを、
子供だった私がある日発見したのです。
なぜだか知らないけど、
何か「感じる」ものがあったのでしょう。
切手自体がいったい何なのかも大して解ってもいないくせに
「切手収集宣言」を家族にしたのでした。
それを聞いた母が、早速私を連れて郵便局へ同行し、
その窓口にいたおじさんに事情を説明してくれました。
窓口のカウンターとほぼ同じような背丈だった私が
「切手を集める」と聞いて、そのおじさんが
いたく感心していたのをなんとなく記憶しています。
そして、宣言をしたとき父が
「集めるならシートで買わないと価値がない」
と言っていたことをそのままおじさんに伝えたのです。
「シートでお願いします」と。

その後、新しい切手が発売されるとそのおじさんが
わざわざ電話で連絡してくれるように。
それもまた随分親切に...と思いますが、
「変」なのはそのあと。
確か3〜4回は、知らせを受けた私が小遣いを持って
窓口へ通っていたと思うのですが、気がつくと
家にいながらにして"新作切手"たちが
入手できるようになっていたのです。
なんと、おじさん自ら配達してくれたのです。
デパートでいうと「外商」みたいなものですか?
その頃も、子供ながらに「いいのかなぁ...」と
思ったりしていましたが、今思えば随分と
生意気な「切手収集家」です。

ちなみに....その頃の私、実は届けられる切手になんて
ほとんど興味がありませんでした。
ただ、祖父が残した軌跡を真似して無理矢理"接点"を
つくっていたにすぎませんでした。
むしろ私が興味を持ったのは....
切手収集用の「アルバム」の中にある
ページごとにはさまれた「薄紙」でした。

そしてこれが後の「変なクセ」につながるのです。
この続きはまた後日.....。
by rk008 | 2005-10-31 22:14 | ただの日記

パーティー荒らし!?

本日Cafe Eightはとあるパーティーの
ケータリングサービスへ出向いて参りました。
私は段取り上、途中参加だったので「宴たけなわ」と思われる
時間に現地入りしました。
身内ながら、美しいパーティーフードのデコレーションに
しばし見とれていたら.....何やら妙なバイブレーションをキャッチ。
ん??なんだろ?この人...と不信に思っていたところへ
どうやら「"パーティー荒らし"らしいですよ」との情報が。

"パーティー荒らし"とはいっても、別に暴れたりものを壊したり
するのではないらしく、「無料」を良いことに、食べ物や飲み物を
めちゃくちゃ食べる、というたぐいのものらしいのです。
文字どおり「ただ食いただ飲み」ですね。

ちょっと面食らいましたが、しばし観察していると
確かにすんごい食べる。しかも目の前で笑顔&親切に
料理の説明をするスタッフの目をみようともせず
(もちろん話もきいていない)ただひたすらほおばり、
やたらと飲む。途中で気が付いたスタッフたちが
「ドリンクはお一人さま2杯までですので」と丁寧に
お断りしてもなしのつぶて。ぜーんぜん聞いちゃいない。

そこで.....私はデジカメを取り出し、お料理やカウンターまわりを
撮影するふりをして(実際ちゃんと記録してますけど)
あえて「その人物」をファインダーに入れるようにしてストロボをたいた。
何度かフラッシュをたいてシャッターを押した。
.....と.....案の定、顔をかくすように背をむけていたその人物が
こちらに向かってきて「不愉快だからパチパチ写真を撮るな」と
すごい剣幕。カチンときた私ももちろん
「失礼なのはマナーのないあなたですよ」とやり返しました。が、
あんまり深追いすると大げんかになりそうだったので
無視して料理をパチパチ撮っていたら、そそくさと退散した模様。

最近、こういう仕事をしていて良く思うのは、この人物とまでは
いかないまでも、フリーフード&ドリンクのパーティーは
比較的マナーの悪い人が多いということ。
人間だれしも「どうせただだし」と思う気持ちはわかるけど、
やっぱり料理をした人の気持ちや、ゲストをもてなそうという
招待側の気持ちを、もう少し考えてみては?と思う。
美味しい食事は、たくさん食べたらいいと思うし
喜んでもらえれば、招いた側もそりゃあうれしい。
けど、そこにはやっぱり感謝の気持ちと
マナーが欠かせないと思うのです。
飲みかけのグラスをどこに置けば良いかわからなかったら
スタッフに尋ねれば良いし、一度使用したお皿は
そのあたりに置きっぱなしにせず、また使用したら良いし。
もはやこのぼやきは姑のよう??

ところで、そんなマナーの良くない人も、なぜか
有料のパーティーになると別人のようにお行儀が良くなる。
まさにゲンキンと言いましょうか。
あれ?このゲンキンってどういう漢字なのかなぁ。
今まで気にしてなかった......
by rk008 | 2005-10-29 00:59 | ただの日記
最近やたらパーティーの招待状が来ます。
東京ではデザイナーズウィークやらデザインタイドやら
いろいろ待ち構えていて、そこらじゅうでレセプションが
開催されるわけです。

カフェエイトもそんな中、HM社のレセプションに
ケータリングで参加をすることに。(明日)

個人的にも、友人が結婚披露宴をするというので
シキリ役の私は忙しかったりします。
アタマの中はグルグルグルグル、
色々なパーティーのことで目まぐるしい限り。

こと、結婚披露宴については進行役も務めねばならず、
当日のお酒の加減をどうしたらいいものか!?で
悩みっぱなしなのです。
完全なシラフだと恥ずかしくて緊張してしまうし
飲み出すと調子にのってしまって、進行どころでなくなって
しまいそうだし(※基本がお祭り好きなので調子に乗りやすい)
どうやってコントロールすべきか、そればかり考えている(笑)。

自分で言うのもおかしいですが「酔い加減」がばっちり
ハマると、普段隠れていた"才能"が目を覚ますことがあるのです。
これが自分でコントロールできれば最高なのですけど
ほんとに稀なことなので、できない。
程よい感じに酔っぱらって、饒舌になって
アタマも回転する。しかも笑いもとれる。
そんな日の翌日は、自分で思い返しても
「結構スゴイかも」なんて思ったりした。

あー、どうか当日、この"隠れた才能"が現れますように。
こんなときの為に
何を、どの順番で飲んでいけばいいのか、
今後のためにメモした方が良さそうです...。
一度事前に実験しといた方がいいかな...。
by rk008 | 2005-10-27 20:55 | ただの日記

雲が好き。

今朝の空と去年の今頃の空。
今年も空がいい季節になりました。
出勤中の日課も再開です。
今年はクルマが変わって、生意気にUVカットフィルムなぞ
貼ったため、空のきれいなブルーが
今ひとつ再現できないのが難点です....。


c0015619_0502910.jpg















c0015619_0494949.jpg
by rk008 | 2005-10-25 00:50 | ただの日記

ピーカン!

久々のピーカンですねー。
気持が良いったら!

海の水面が眩しい光を放っていて
見ているだけで生命力のパワーをいただいてしまった。
ビユーティフルな富士山には神様の存在を感じてしまった...です。
日本は美しいねー。見事です。
やー、生きてて良かった(笑)。

と、いうわけで、本日この気持ちの良いお天気のなか、
東雲はキャナルコートにて移動カフェ、開店してます。
11:30〜20:00。
散歩&ドライブがてら、是非お立ち寄りください。

やー、お天気サイコーっ!
by rk008 | 2005-10-23 10:40 | イベント情報
今日は番外編。

突然ですが、うまれて初めて自分で選んで買った
音楽(私の時代はレコード)は何ですか?
私は、シングル盤は確か「泳げたいやきくん」。
これが最初の一枚って人、同年代では圧倒的に多いのでは?

ところがその後、うまれて初めて買った「アルバム」というのが
渋いんですよ。我ながら。
なんとまぁ「ポール・モーリア」です(笑)。
小学校の中学年だったと思います。
このアルバムを、小遣いを握りしめ出向いたレコード屋で
やっと見つけて家路についたとき、
私の手もとにあったそれを見た父親が、「おまえは年寄りか!?」と
仰天していました(笑)。そのときはその一言がショックだったのですが
今思えば父の言う通りです。
どういうわけだか私は「恋は水色」とか「シバの女王」とかに
いたくご執心でした。一生懸命「耳コピー」してピアノで
弾きまくってたっけ。ちなみにその後、
小学生だった私のピアノのレパートリーは
"ビートルズ/Yesterday"、"サイモン&ガーファンクル/明日に架ける橋"
そして "宇宙戦艦ヤマト""Y.M.O./雷電"....と続きました。
聴かされていて実に先行きが不安だったでしょうね、うちの両親は...。
by rk008 | 2005-10-22 00:29 | ただの日記

コドモ時代の変なクセ/03

久々に「変なクセ」シリーズ再開です。

クセ?ではないですけど、
4〜6歳くらいまでの愛読書を2冊ご紹介。
正式なタイトルは覚えていませんが.....

ひとつは「深海魚図鑑」。
もうひとつは「水木しげるの妖怪図鑑」。
2つとも毎日毎日愛読、いや、眺めていました。
どういうわけか2つとも図鑑です。
他の本も見ていたと思うのですが、この2冊以外あまり覚えていません。

この頃の女の子にありがちな「ままごと」には
一切興味を示さず、独りでこの愛読書をめくっていたようです。
無気味な動物?たちが図解されているこの2冊を、
私はそれらの動物に"触らないように注意して"
ページの端っこの部分を慎重に摘んでめくっていたのを覚えています。
それで、毎日のように見ているからとっくに知っているはずなのに
ページを見る度にぎょっとしながら、そのなんともいえない
スリル感を楽しんでいたようです。
......意味不明です。
いわゆる「恐いもの見たさ」の好奇心が旺盛だったのだと
思いますが......ちなみに大人になってからはホラー映画大っ嫌い。
「13日の...」も「エルム街...」も「エクソシスト」も、
えーと..あとなんだったかな?
今まで1作として観たことがありません。
あしからず。
by rk008 | 2005-10-19 19:56 | ただの日記

後頭部に冬を思い出す。

昨日と今日、ようやく波がやってきた地元で久々に入水。
昨日の晴天と打って変わり、今朝は雨が降るグレーな空と海。
久々にサイズアップした波で混雑していたけど
私には丁度良いサイズで、かなり楽しんでしまいました。
....... が、本日の冷たい雨に
カラダが冷えきり、久々に震えが入ってしまった。
潮がとまってすっかり波数が減ったときなんて
カラダが硬直していくのが感じられたし。
もともと私は極度の寒がりなので、周囲の人たちには
寒がっている様子は見られなかったけど
でもやっぱり、昨日にくらべたら格段に寒い。
きっとみんなも感じていたのでは?

そしてそして、「あの」感じ。
そう。ぬれた髪の毛が冷えて、後頭部がゾクゾクっとする、
これから先にある、冬の海を想わせる独特の寒気。
ひゃー。ついこの前まで、ウェットもいらなかったのに。
夏が終わってしまうと冬まではほんとにあっという間。
サーファーの友人はみんな、これからの季節が良いと言うけどね。
水もきれいで人も少なくて.....と。確かに私もそう思うんだけど
寒さはほんとに苦手だなぁ。
でも、実は密かな楽しみもあったりします。
そう。入水後のお風呂!
海に行く前に湯船にお湯を張って、帰ってきたら
一目散に湯船へ直行。これが最高なんだなぁ。
最高すぎて、仕事へ行く気がなくなるのが難点ですが....。
by rk008 | 2005-10-17 00:08

ヨガ的台湾茶のススメ。

昨日のブログにてご案内しています「台湾茶」について。

私はカフェに関わっていながら、
中国茶に関してはまったくもってシロウト&
あまり興味がありませんでした。最近まで。

22日に東雲で開催するお茶会は、そんな私の偏見を
見事にくつがえしてくれた沈先生に登場していただきます。

近頃、ちまたではヨガが大流行り。
ファッション誌でもカルチャーマガジンでも
エコ雑誌でも、それぞれの観点から「ヨガ」のコーナーを
展開している雑誌がほとんど。
仕事中にもできる簡単ヨガ、とか
サーフィンで波待ちしながらできるヨガ(笑)とか...。

で、私に言わせると、このお茶も「ヨガ」です。
飲み方は至って簡単。初めにお茶を注いでもらった
小さな器からは飲まずに、そのお茶を小さな湯お茶碗に
移します。そして、最初の器から立ち上る
「お茶の残り香」を鼻からゆっくり吸って十分に
香りを楽しみます。そのあと、お茶碗に移した
お茶を「舌の上でころがすように」味わいます。

ひたすらこの繰り返し。超簡単。
しかも、「残り香」がめちゃくちゃ良いかおり。
お茶の匂いではないのですよ、これが。
まったくもって優雅な?香水のような香り。
これ、ほんとに驚かされますよ。

もうお気付きかと思いますが、お茶をたしなみながら
知らず知らずのうちに「ヨガの呼吸法」を実践していることに。
良い香りと美味しいお茶とヨガの呼吸法。
加えて先生のゆったりしたお話を聞いていると
終わったあと、あらびっくり。

全霊全身がリラックスして、おどろくほど眠くなります。
よーく眠れますよ。
最近疲れている人や、眠れない人にも
おすすめですー。
by rk008 | 2005-10-12 21:15 | イベント情報
今日は「変なクセシリーズ」をお休みして、
イベントのご案内をさせていただきます。
-------------------------
台湾発・エコ茶を味わう会@mYwaY shop
〜多忙なときこそ"ヒマを盗んで"お茶を楽しみましょう〜
-------------------------
日 程:10月22日(土曜日)
時 間:午後2時〜4時 参加費:¥3,800-
定 員:25名

[内 容]
台湾と日本に拠点「奇古堂」を置き、家庭画報などでお馴染みの
沈 先生をお迎えし、現代のライフスタイルに密着した
美味しい台湾茶の楽しみ方と"お茶を通して考えるエコロジー"
についてのお話を伺います。
当日は....
台湾茶3種、台湾紅茶1種を先生のお点前でお召し上がりいただけます。
また、お茶をつかったCafe Eightのお菓子もお持ち帰りいただけます。

[補 足]
建築家でもある沈 先生は茶器のデザインも自ら手掛けています。
無駄のない美しいフォルムの茶器も一見の価値あり。また、先生の
ゆったりとした口調から発せられる辛辣な言葉の数々。きっと
常日頃、忙しさの中で忘れがちだった何かを思い出させてくれます。

◎当日、奇古堂の茶葉各種・茶器等の販売コーナーを設けます。
◎Cafe Eightが、残った茶葉を再利用した焼き菓子やつくだ煮などの
 ご紹介をします。(会費に含む)
◎参加費は当日受け付けにてお支払いください。
 お茶の知識はまったく必要ありませんのでどうぞお気軽に!

[お申し込み]
メールの方はinfo@cafeeight.comまで
キャナルコートにお住いの方はmYwaY shopの店頭まで、
参加される方のお名前と連絡先をお知らせ下さい。
-----------------------------------------------------
☆ 翌23日は同会場にて恒例の移動Cafe Eight開催です☆
HOURS/11:30--20:00
maYwaY shop
すべてのお問合せはinfo@cafeeight.comまで。
by rk008 | 2005-10-11 19:32 | イベント情報