キヨノの気まぐれ日記


by RK008

◎わさびの茎のしょうゆ漬け

おかげさまで2冊目のレシピ本VEGE BOOK 2
好評のようです。
発売を待ってご来店くださったみなさま、
本当にありがとうございました。

渋谷のパルコタワーレコードでは
1冊目のVEGE BOOKと並べてディスプレイして
いただいているようで、なんだかクリスマスみたいです(笑)。

最近、急に夏のような陽気になりましたね。
ビールが美味しい季節...というには
早すぎる気がしますが
GWから食卓にはおつまみ系が登場し
ビールをたしなんでおります。
ちなみに、今発売されている雑誌ターザンでは
編集部から企画をいただいて、提案させていただいた
お酒の種類に合わせたおつまみ各種のレシピを
掲載しています。
興味のある方はぜひ。
ビールはただでさえお腹が出ますからね、
せめておつまみくらいはヴィーガンにしておくと
体の負担も少ないかと。

で、この春を迎えてからすっかりハマっているのが
「わさびの茎のしょうゆ漬け」です。
近所の八百屋さんに「わさびの茎」とか「花わさび」が
並んでいるのを見つけては買って
つくっています。

これがまた、科学実験みたいで面白い!
いかにしてわさびの辛みを引き出すか、
文字通り実験の繰り返しです。

わさびの茎を洗って、適度な長さに切ったら
大きめのボウルに入れ、ぐつぐつに沸騰させたお湯を
上からたっぷりまわしかける。
ボウルの中を、さいばしでおよそ30秒くらい
かき混ぜたら、今度はいっきに

お湯を捨て>冷水で急冷して水を切って>
急いで塩でもみ>ラップなどで
できるだけ空気を抜きながら表面を覆い>
さらにお皿などでフタをする

のです。それを1〜2日冷蔵庫に入れておき
お醤油をドボドボと入れてさらに3日以上漬け込みます。
お湯の温度と熱湯につけている時間、
密閉具合などで辛みが変わってきます。

もう何度も実験して(笑)失敗作もたくさん
つくりました。失敗したものは
刻んで納豆に入れたり、炒めたりして食べました。

でもね、成功したヤツはツーンと辛みが効いていて
わさびの香りが際立って、本当に美味しいんです。
日本酒のおつまみにぴーったり。
日本酒は寺田本家さんの
「五人娘 自然のまんま」か「むすひ」がおすすめ。
「むすひ」は日本版"まっこり"みたいで美味しいですよー。

あ、もちろん、ご飯のおともにもぴったり。
もし八百屋さんでわさびの茎か花わさびを
発見した方は是非お試しください。

次はそろそろラッキョウ漬けだな。
楽しみ楽しみ。

↓写真左にあるのがそれ(自信作)。右は今年最初の
茄子と仙台のあぶら麩を入れたみそ汁。

c0015619_2103747.jpg
by rk008 | 2007-05-10 21:01 | Cafe Eight関連