キヨノの気まぐれ日記


by RK008

海鷂魚と書いてエイと読む。

久しぶりに休みをいただいたので
張り切ってサーフィンに出かけました。

が、海はまるで湖のようでした。
.........。

でも、水があまりに綺麗だったので
諦めきれず、海に入ることにしました。

曇っていた空も晴れて来て
水の冷たさも心地よいほど。
あとは波があれば最高!と思い
板にまたがって浮いていると....
(しかも珍しくショートボード)

『海鷂魚が泳いでる!』
?? 海鷂魚ってエイのこと??
その声の方向を見れば、確かに
何かが海の底を動いている.....

「えーーっ(←ダジャレ。お約束ですから)。
ほんとにエイだ!」
私は野生の海鷂魚を見るのが始めてだったので
めずらしくて思わず追いかけました。
ゆるゆると数メートル下方を泳ぐエイの
真上ポジションを、置いていかれないよう、
エイが右へ行けば私も右へパドルし、
エイがくるっと方向転換すれば私も.....
としばらく、エイを真上から観察しました。

端からみたら、かなりおかしな動きだったに
違いありません。でも、妙にドキドキして
やめられなかった(笑)。

海鷂魚はかなり私がウザかったようで
ついに振り切られしまい、またポツンと
海に浮くことに。

少し沖の海面が何やらざわざわしています。
魚群です。小さめの魚がたくさん
跳ねて、銀色の腹がきらきら光っています。
「うわー、すごいわ」(←独り言が多いんです)
海の中はきっとディープブルーの世界やね、
とにやにやして見ていたら、突然
向こうから黒いかたまりが猛スピードで
近付いてきました。
「!!なにっ!?」(←びっくりしてほぼ硬直)
と思いきや、その魚群のかたまりが
恐ろしい勢いで私の足の下を
通過しています。「わわわっ!すごいっ!」
鰯らしきその魚群に追突されるのでは?と
思わず足を引っ込めました。

沖から岸に向かって猛スピードで
駆け抜けていった魚群は.....
思った通り、また戻って来ました。
(だって岸じゃあねぇ。)
「うわーっ!また来た!」

いや、もう感動しました。
素敵な体験でした。生ディープブルーです。

やっぱり海は綺麗にしておかないといけません。
そう思いました。

追記:今回は
ecocoloブログにも
海の話を書きました。
海関係のサイトも紹介しているので
みてみてください。
by rk008 | 2006-06-15 16:44