キヨノの気まぐれ日記


by RK008

コドモ時代の変なクセ/03

久々に「変なクセ」シリーズ再開です。

クセ?ではないですけど、
4〜6歳くらいまでの愛読書を2冊ご紹介。
正式なタイトルは覚えていませんが.....

ひとつは「深海魚図鑑」。
もうひとつは「水木しげるの妖怪図鑑」。
2つとも毎日毎日愛読、いや、眺めていました。
どういうわけか2つとも図鑑です。
他の本も見ていたと思うのですが、この2冊以外あまり覚えていません。

この頃の女の子にありがちな「ままごと」には
一切興味を示さず、独りでこの愛読書をめくっていたようです。
無気味な動物?たちが図解されているこの2冊を、
私はそれらの動物に"触らないように注意して"
ページの端っこの部分を慎重に摘んでめくっていたのを覚えています。
それで、毎日のように見ているからとっくに知っているはずなのに
ページを見る度にぎょっとしながら、そのなんともいえない
スリル感を楽しんでいたようです。
......意味不明です。
いわゆる「恐いもの見たさ」の好奇心が旺盛だったのだと
思いますが......ちなみに大人になってからはホラー映画大っ嫌い。
「13日の...」も「エルム街...」も「エクソシスト」も、
えーと..あとなんだったかな?
今まで1作として観たことがありません。
あしからず。
by rk008 | 2005-10-19 19:56 | ただの日記