キヨノの気まぐれ日記


by RK008

入力のとき。

すごい音。雨の音。
ただでさえ"通音性"の良い、古い木造家屋なうえ
縁側に突き出したトタンが、殴り落ちてくる雨粒の大きさを
強調しながらドドドドド......バタバタ...... と鳴りやまない。
ときどき地鳴りのような音もするし。
今日こそ雨漏りするような気が...。

今日はそんなわけで(前回の大雨で保土ヶ谷で足留めをくらったため)
早めに会社を出ました。運良く、本格的な豪雨となったのは
ほぼ到着してから。豪雨なのはわかっているけど
たまに早く地元に帰ってきたから、どうしてもスーパーに行きたい。
行って、どうしても桃と梨を買いたかった。
クルマのドアからスーパーの入り口まで約10メートル足らず。
ビーサンで滑らないように気をつけつつ、一気に走ったのに
バケツを引っくり返されたようなずぶ濡れ状態。
さすがにお客さんは皆無だったため、気にせず目的の品々を購入。

久々に平日家でゆっくり....と思いきやこの音。
リラックスどころじゃないので、前からちびちび呼んでいた
革命家、チェ・ゲバラの激動の人生が書き綴られた本を読む。
彼の革命前のゲリラ活動や戦闘の数々、週末BGMをかけながら
なんども読もうとしたのに寝てしまっていたそれが、
気持ちを落ち着かせることのないこの豪雨の音といっしょだと
なぜか没頭してしまう。一気に読んでしまった。
さしずめ、ジャングルの悪条件の中、スコールのような雨に出くわした
シーンでの効果音というところでしょうか。

しかし、こういう本を読めば読むほど、なんて自分が無知で
世界の"本当の歴史"も知らずに、のほほんと暮らしてきたのか
痛感させられる。いったい学校で何を教わってきたのか?!
日本の教育はなぜ....!?
なんて、この効果音の影響もあって、ちょっと猛々しい気分の夜。

これがピーカンで、波なんかあがってしまうと
せっかくインプットしたあれこれがまた全部流されちゃうんだもんなぁ...。
なんでこんなに単純なんだろか。
by rk008 | 2005-08-25 22:54 | ただの日記