キヨノの気まぐれ日記


by RK008

"日焼け肌"と"実験音楽"

昨夜はICCで行われた
「ローリーアンダーソン展 関連イベント」と題された
坂本龍一さんを中心に構成された豪華メンバーによる
スペシャルイベントへ、カフェエイトが出張してきました。

ごくごく最低限の情報によって集まってきたお客様たちは
やはりどことなく皆さんアカデミックなカオリが....
なんというか...「文化人」な人が多かったように思います。

その中で真っ黒に日焼けしたこの私がいかに浮いていたか。
スタッフの方たちにも苦笑されていた気がします。
(意図的に焼いたわけではありません。トシもトシですし...)

ライブの内容は非常に実験的で、出演者全員がラップトップの前に
お客様に向かって着席したまま...というもの。
生楽器は、ベースとギターのみ。(でもそれも普通には演奏しないのです)
ビートのない「音楽」が淡々と流れ..... ......45分くらいだったでしょうか。
昔、YMOというバンドが出てきたとき、様々なマシンに囲まれて
ステージの上で彼らがそれらの「楽器」を操る姿を観て
子供ながらにびっくりしたことを思い出しました。
そして、その音楽が「ロック」にカテゴライズされていたことにも
驚いた記憶があります(テクノっていうのは後で出てきた言葉だったと...)。

......てことは、昨夜のはさしずめ"PCジャズ"とか
"Onlineジャムセッション"といった感じでしょうか。
コミュニケーション方法が多岐に渡るってことは、
ステージでの演奏方法も色々になってくるってことなんですね。

んーん。アートだ....。
by rk008 | 2005-08-09 13:08 | ただの日記