キヨノの気まぐれ日記


by RK008

◎意外に知らないお菓子の常識

また凄い方たちと会ってしまった。
まったく他分野の本業(?)で数々の業績を残しながらも
「好き」を掘り下げているうちに、
今やプロ以上のプロ=専門家として活躍されている
あるご夫妻。

何の専門家って、お菓子とパンです。
Panaderiaという
情報たっぷりのサイトを運営しつつ、企業(菓子メーカー)などの
コンサルティングも手掛けていらっしゃる、
三宅さんご夫妻です。

c0015619_1830373.jpg


そのご夫妻が、恐れ多くもヴィーガンスイーツに
興味をもって下さったといってご来店。

正直(VEGE BOOK 3では「これは新しいお菓子の分野なんです!」
なんて書いていたけど)どう思っていただけるのかドキドキでした。

手土産に、なんとあの高級パンで有名な
シニフィアン・シニフィエ
スペルト小麦のバゲットをいただいてしまった。

c0015619_18304470.jpg


(小麦の味わいが全然違う〜。おいしい〜)

ご夫妻を紹介してくださったのは、
発酵食にも、お酒にも、バルサミコにも詳しい、雑誌
住む。の伊藤宏子さん。
お詳しいだけに、発酵食のイベントなどにも
関わられています。

そして、遅れて到着した伊藤さんと挨拶を終えた三宅さんが
いきなり言うではありませんか。

「今度、発酵食のイベントで、チョコレートとか
 やったらいいんじゃないかと思って。」

えぇ?発酵食でチョコレートって.....?

首をひねる私に三宅さん、
「チョコレートもバニラも、発酵食なんですよ。
 だから同じ産地でも、環境や年によってそれぞれ
 ぜーんぜん味が違うんですよ」
と説明してくださった。

知らなかったーっ。
そんな基本的なことも知らずに
よく9年もカフェをやっていたものだと
恥ずかしくなりました。

でも、三宅さんのお話によると
きちんと発酵されたチョコレートというのは
ほとんど日本に入ってこないんだそう。
我々が食べてきたチョコレートは
「なんちゃって」らしい。

ショックー。
(そういう情報がまったく一般人に知らされていなかった
 事実がショックだったのです)
バニラだって、素晴らしく発酵したものは
ものすごく良い香りなんだそう。

ふーん。何にも知らないんだなぁ、自分...。

このあとも、三宅さんが穏やかに語ってくださる
小麦粉のこと、リキュールのこと、技術のこと....。
もう、いったい何枚のウロコが目から落ちたのやら。

何か、私はこれまでデザートの世界に
大きな誤解をもっていたような気がしました。
明らかに、頭をコン!と打たれて目がさめたような。

そうかぁ。本物をつくる人はそうなんだよねぇ。
(完全につぶやきですみませなん)

「ベストよりベター」という考え方は
変わらないけど、これからは
「ベターよりモアベター」を探求しなくては、と
新たな指針をみせていただいたような
貴重な時間でした。

清さん、真弓さん、ありがとうございました〜。

※パナデリアはメンバー制のサイトです。
ご興味のある方は是非メンバー登録を!
by rk008 | 2009-05-25 18:47 | ただの日記